フード選びでお困りですか?
大切な愛犬の身体を作るものだから、食材と調理法にこだわった国産・無添加のフードを...。
ドライフード
長期保存可能、手軽に扱える、総合栄養食が多い、歯磨き効果、歯石や口内炎・口臭の予防
ウェットフード
高タンパク高脂肪、低炭水化物である、低カロリーが多く、肥満対策、味の種類が豊富
国産・無添加フード
愛犬の身体のお悩みをサポートするハーブを使用した、国産・無添加の療法食 
オーダーメイド
愛犬のさまざまな病気をサポートする療法食を心をこめてお作りいたします
単品でお試し
セットでお試し
ビッグウッド オンラインショップ > お客様体験記 > 癇癪, 関節 > 療法食とサプリメントを与えて半年で抗てんかん薬が半分に!

療法食とサプリメントを与えて半年で抗てんかん薬が半分に!癇癪関節

| 風太くん | ヨークシャテリア オス 10歳

初めて癲癇の発作を起こしたのは6歳の時です。

癲癇の知識が全くなかったので、突然の夜中の出来事に何が何だかわからず救急病院に駆け込みました。 その後はだいたい3ヶ月間隔の発作が3年ほど続きましたが、1年前の9歳の時に、病院での検査と予防接種の後にいきなり発作のスイッチが入り、1週間に1回が5日に1回になり、3日に1回になり、毎日になり、一日に2回の重積発作となったため、抗てんかん剤投与が始まりました。

でも抗てんかん剤は肝臓への副作用が大きいと聞いていたので、何とか薬を減らし発作を止めることが出来ないかと調べていた時にビッグウッドさんに出会いました。電話で相談するととても親身になって相談にのってくれました。そして食事とおやつを変え、サプリを始めました。

初めは効果が出るか不安でしたが、まず2か月過ぎた頃に黒ずんでいたお腹の色がピンク色に変わり毛艶が良くなったので続けてみようと思いました。その後は肥満ぎみの体が締まってきて、発作も半年でごく軽いものが1回だけだったため、抗てんかん剤が半分に減りました。

1年後の先日の定期健診では心配していた肝臓の数値も全く問題なく、ダイエットのおかげか2年前に告げられた心臓病もまったく進行なく、他の数値も一年前より良くなっていました。 そしていつも赤く腫れて痒がっていた口の周りが最近はきれいになっています。

今は癲癇サポートのハーブ特別療法食、リコルスルート、愛犬活力源、ポン雪、冷凍馬肉と人参を購入しています。1年前にすべて切り替えて本当に良かったと思います。これからもずっと元気に楽しく過ごしていきたいと願っています。

※あくまでも個人の感想です。効能・効果を謳っているわけではありません。

PAGE TOP