いらっしゃいませ ゲストさん

トップページ > フローズンフード(生食) > 手作り食の材料に、フードのトッピングに♪【冷凍 生のお肉&お魚】 > ロシア産 天然サーモン 500g【クール冷凍便送料対象】

冷凍生魚 「天然サーモン」

愛犬の手作り食事の食材としてトッピングにも使える冷凍生魚。新鮮冷凍真空パック包装天然サーモン

ロシア産 天然サーモン 500g
【クール冷凍便送料対象】

商品番号 926

<特徴>
ロシア産の新鮮な天然サーモンを中骨ごと、ミンチ状にしてからノンドリップ方式で急速冷凍しました。
小分けして使いやすいように、約15〜20gの小さなプリンの形(円錐台形)で、冷凍して袋詰めされています。
必要な分だけ取り出して使えるので、解凍にかかる時間も短縮できます!手作り食・生食にぜひお使いください。



<内容量>
500g

素材・注意事項
原材料 ロシア産天然サーモン
原産国 日本
給与量 こちらをご覧ください。
賞味期限 加工日より1年
使う分だけ解凍してお使いください。
製造メーカー BIGWOOD株式会社
与え方

レパートリーいろいろ!美味しい使い方!

●ドライフードに適量をトッピング

●生が心配な方は、少量の水で軽くボイルしてから与えてください。

●野菜と軽くボイルしてパピーサプリを加えていただければ、離乳食として与えることもできます。

●手作り食材の「パウダーベジタブル」「穀類」「サプリ」等と、上手に組み合わせていただければ、手軽に手作り食ができあがります。

サーモンをおすすめ理由

愛犬の手づくり食材・安心生魚!お魚はヘルシー、高たんぱく、そして他の食材よりも比較的アレルギー反応が出にくい。
そして犬にとってとても重要な、被毛の健康にとって優れた栄養素が豊富!
いままで注目されてこなかったことが、かえって不思議なくらいに、「魚」は犬にとって、本当におすすめな素晴らしい食材だったのです。

栄養豊富なヘルシー天然サーモン。ロシア産で人用食材と同レベルの安全基準です。

●鮭は、お肉よりも利用価値の高い栄養素がたくさん

●鮭のアスタキサンチンは最強の抗酸化力が含まれる

●皮膚や被毛に欠かせないオメガ3系が豊富に含まれています。

お魚を与えて大丈夫?

イヌはネコに比べると食物をすりつぶす歯が12本も多く、腸管の長さと体長の比率はイヌが6:1であることに対し、ネコの場合は4:1という比率です。
こ のように腸管の長さだけでもイヌのほうがネコに比べて1.5倍長くなっているところからもネコに比べて雑食性の高い動物であることがうかがい知れます。 なので、おさかなを与えても何の問題ありません。
しかし、青魚にアレルギー反応が出る場合がありますので、青魚は与えないようにしましょう。

冷凍商品不可

【お知らせ 2018.8.1】

こちらの冷凍商品をご注文の際は、配送(クール便)に関して大切なご案内がございますので、ご注文後に弊社から届くサンクスメールを必ずご確認くださいませ。

価格1,350円(税込)

[41ポイント進呈 ]

数量
クール便でお届けします
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.67

モグモグさん(46件) 購入者

非公開 投稿日:2015年10月08日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

手作りご飯のトッピングにしています。薫りもよく食いつき抜群です。

ダイキチ母さん(44件) 購入者

非公開 投稿日:2013年03月24日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

基本のご飯(スパミール+おから)にプラスして与えています。半日前に使用分だけ冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍。新鮮なお魚が手軽に与えられます。
リーズナブルなお値段なのが嬉しいし、それに何よりワンコが『がつがつ』食べてくれます。

Julietさん(75件) 購入者

東京都/30代/女性 投稿日:2013年02月06日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

ドライフードに一塊ずつトッピングして与えています。もとは薬やサプリメントを食事と一緒に与える目的で始めたのですが、冷凍生肉・生魚のシリーズは大好きなので、最近は薬なしでもトッピングしています。
カツオなどのフードは口にあわない時もあって、普段のフードはチキンをベースにしているので、魚では物足りないという顔をするかな…と思ったのですが、これは大喜びで食べます。さすが天然サーモンはおいしいのですね!生臭さもなく、生食に最適です。価格も安いので、毎日使う場合にも助かりますね。
ただ、小骨がかなりたくさん入っているので、歯の弱い犬には少し心配です。できるかぎり取り除いて与えているのですが、なかなか全部は除ききれません。といっても、本当に小さな骨ですので、普通に歯が健康な犬や猫であれば、まったく問題ないレベルです。