フード選びでお困りですか?
大切な愛犬の身体を作るものだから、食材と調理法にこだわった国産・無添加のフードを...。
ドライフード
長期保存可能、手軽に扱える、総合栄養食が多い、歯磨き効果、歯石や口内炎・口臭の予防
ウェットフード
高タンパク高脂肪、低炭水化物である、低カロリーが多く、肥満対策、味の種類が豊富
国産・無添加フード
愛犬の身体のお悩みをサポートするハーブを使用した、国産・無添加の療法食 
オーダーメイド
愛犬のさまざまな病気をサポートする療法食を心をこめてお作りいたします
単品でお試し
セットでお試し
ビッグウッド オンラインショップ > お客様体験記 > 腫瘍, , アレルギー > 薬の怖さから解放した自然食とサプリメント

薬の怖さから解放した自然食とサプリメント腫瘍アレルギー

和歌山県 | 大西真子ちゃん | シーズー メス 7歳

真子が皮膚のトラブルを持つようになったのは、2歳の夏のころでした。

私が急に体調をくずし救急車で運ばれるという事件をきっかけに、不安とストレスが引き金になったのでしょうか、突然耳を痒がりだし一晩でかさぶたができるほどひどくなりました。

その後、夜も眠れないほど体中をかきむしるようになったため、獣医さんにみせて薬の投与を始めたのです。それから毎年のように夏になると体を痒がり薬を与えるということを繰り返すようになりました。 3歳のころに行なった血液検査では、陰陽の考えから、陽性食品はこの子の体に良くないと言われました。食べられるものの制限が多くなり病院指定のフードを与えていたのですが、一向に改善の兆しは見られませんでした。 5歳の夏にはあまりのひどい痒みのために、それまでかかっていた病院で今までとは異なる薬が出されました。ところがこの薬を与えたところ、突然真子の腰が抜けたようになり歩けなくなりました。

しかし薬が切れると徐々に歩けるようになるという様子をみて、腰が抜ける原因が薬にあるのではないかという疑いを抱くようになりました。私は初めて薬の怖さを知りました。このことをきっかけに今までお世話になっていた病院を変えることにしました。新たに真子を連れて行った病院では、なるべく副作用の少ない薬にしましょうとのことで、別の薬を与え始めました。

翌年の夏には飲み水を自然なものに変えたせいか、前年より少しはましな状態でしたが、今度は目にトラブルがでてしまいました。結膜炎や、涙目がひどくなり長期間にわたり目薬や塗り薬を使いました。その後しばらくして、今度は悪性の肥満細胞腫という癌の一種がみつかり、取るものもとりあえず、すぐに手術をしたのです。幸いにも完全切除ができて、リンパ管、血液などに転移はみられませんでしたが、再発を予防するためにその後6ヶ月ステロイドを与えるようにと言われました。

しかし、以前体験した薬の怖さを思うと、この後ずっと薬を与え続けていくことが不安になりました。かと言って、真子の体に癌が再発するのは、とても恐ろしいことですし、受け入れられません。私は毎日どうすればよいものかと悩んでおりました。

ちょうどこの頃、ビッグウッドさんから1通のお便りが届きました。以前ビッグウッドさんに相談したことがあり、お試しセットを送っていただいたりしたことがあったのです。しかし、実はそのお試しセットは真子の体に良くないといわれていた陽性食品が多く含まれていたため、与えずにおいたのです。

癌の再発防止と薬のことで悩んでいたその時期にお手紙が届いたので、なんだかこのお手紙が私にとっては神の知らせのように思えて、もう一度電話をして相談してみようという気持ちになりました。その時相談に応じてくださった担当者の方は長時間にわたりお薬のこと、ビッグウッドさんの食事の内容のこと、また自然なサプリメントのことなどを詳しくお話してくださいました。お話を聞いているうちに、薬ではなく自然な食事とサプリメントに賭けてみようという気持ちになり、さっそくサプリメント類を頼んでみることにしました。

しかし、そのように決心はしたものの、内心はとても不安で自分の決断が正しかったのかどうかと心は揺らいでおりました。心配で夜も眠れない日が続きましたが、注文したサプリメント類が届くまでの間に、友人から「愛犬活力源」と「華」をいただき真子に与えておりました。3日ほどたったころ、真子の動作がとても軽やかにすばしこくなり、その変化に心底驚きました。

今、真子には手作り食と「華」を与えています。そして、これに「愛犬活力源」、「元気な酵素」、「イースト」、「ケルプ」、「菜」、「マルチパワー」を加えています。お肉としては馬肉やササミの「スパシチュー」も使い、野菜は自分で栽培したものを使っています。真子にこのような食事を与えるようになってから、まだほんの1ヶ月程度なのですが、あの子の散歩の様子にご近所の方々も驚くほどの変化が現れ、元気になりました。以前の真子はいかにも具合悪そうにとぼとぼと歩いていたのですが、今では時に私を引っ張るようにしてすたすたと歩きます。

皮膚の痒みはまだ少しあるようですが、肌の色も仔犬の頃のように白っぽいピンク色に戻りました。以前は痒みがでて掻き始めるとすぐに皮膚が赤くなりましたが、今ではそのようなことにはならずに済んでいます。皮膚の痒みには「愛犬活力源」や「パーチュリーエムエックス」を使っています。

目の洗浄用に「クリアドロップ」も使っています。以前ほどの痒みはなくなってきたようですが、これからもっと変化が見られるのでしょう。目のまわりも涙などでまだ汚れることもありますが、これもきっときれいになってくれると思います。

自然な食事に切り替えてまだ間もないにもかかわらず、悪性腫瘍の手術を終えた真子の様子がこのように元気に変わってきたことは何よりも嬉しいことです。真子の体がすっかり良い状態になるまでにはおそらく時間もかかることと思いますが、これからも自然な食事やサプリメントで体の中からきれいにしてあげようと思っています。 ビッグウッドのスタッフの皆様、その節はいろいろと教えていただきましてありがとうございます。あの時の私は薬を断つのはすごく怖くて心配でした。でも、今私の愛犬は自然なご飯とサプリメント類でとても元気にしております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

※あくまでも個人の感想です。効能・効果を謳っているわけではありません。

PAGE TOP