半額トライアル商品
商品レビュー祭り

門脈シャント

門脈シャント

門脈シャントとは?

先天的または後天的な原因によって、門脈と呼ばれる血管と大静脈血管との間に異常な連絡路(シャント)が生じることです。

この疾患では、消化管から吸収された栄養物が肝臓にいかない、門脈血の毒素が肝臓により濾過されない、門脈血の細菌が処理されないなどの異常が起こり、肝臓の血液が不足したり、肝臓の代謝や発育、様々な代謝異常を引き起こします。

原因とは?

原因のほとんどは先天性といわれていて、慢性肝炎や肝硬変といった肝臓の病気によって後天的に発生することもあるようです。

大きく分けて3つの症状に分類されます

神経症状

シャント血管がある犬は、肝性脳症を起こすことがあり、一時的な盲目、ふらつき、痙攣(けいれん)、よだれなどの症状が現れることがあります。
これらの症状は食後のみに発生したり、食後に悪化することが特徴です。
これらの肝性脳症の多くは軽減と悪化を繰り返し、また高蛋白の食事、あるいは寄生虫や消化管潰瘍に起因した消化器系の出血に関連して悪化する傾向があります。

消化管症状

原因が先天性のものである場合は発育不良がみられ、食欲不振、下痢、嘔吐などがよくみられます。
消化器症状が慢性的に続くと栄養不良による成長遅延や体毛の異常を起こします。

泌尿器系症状

後天性の場合は食欲が落ちたり、腹水がたまったり、体重が落ちるなどの症状がみられ、放置すると肝機能障害により命を落とすことがあります。
また、尿酸アンモニウム結石は門脈体循環シャントに特有の結石で、この結石が膀胱内に存在するために起こる膀胱炎、血尿、頻尿、尿道閉塞などの泌尿器症状が見られます。

PAGE TOP