半額トライアル商品
商品レビュー祭り

核酸ってなあに?

核酸ってなぁに?

まずは老化がなぜ起こるのか考えてみよう!!

老化は体の中の活性酸素がふえることで起きます。
これは1963年にワトソンとクリックと言う二人の素晴らしい学者が発見し、ノーベル賞を受賞しています。
簡単に言うと、体の中がさびてくる…と言ったところでしょうか?
体に現れるいくつもの老化現象は、一つにつながっているのです。
100%老化しないということは無理ですが、根本である活性酸素を増やさない…!ということを保っておけば、老化現象は現れないということなのです。
その根本が次に説明するビッグウッドのフードに含まれる「核酸」なのです。
愛犬には、いつまでも若々しく、元気でいてもらいたいですよねっ・・・!

核酸(DNA/RNA)ってな~に??

核酸はあらゆる生物の細胞の中にあって、遺伝子の本体なのです。
そして・・・
*細胞の分裂、成長
*エネルギー生産
の、一切をコントロールし、生命の誕生から死までのすべてを支配し、体の健康のすべてを担っていると言っても過言ではない大事な大事な成分なのです。
核酸は私たち生命の根源と言えるかもしれません。

私たちの体は60兆個以上の細胞でできています。
左の図で表したように、全てが細胞でできているのです。
形は違えど、細胞であることは同じ。
ですから私たちが老化するのは細胞が老化するからであると言えるのです。
では細胞の老化とはどう言う事なのでしょうか?

その前に… 私たち人間や愛犬の体の成り立ちを見てみましょう。

生命の始まりは、たった一つの細胞(受精卵)です。
生物学的に、私たち人間なら体の成長が終わる20歳ころまで、愛犬ならば犬種や、大きさにもよりますが1歳から1歳半ごろまで成熟期を迎えるころまでに、たった一つの細胞が60兆を超える細胞に分裂・増殖するのです。
そして、健康な代謝によって常に健康細胞に生まれ変わる必要があり、細胞の活性によってのみ可能となるあらゆる化学反応で、健康な生命体を維持していかなければならないのです。 生命の営みってすごいですよね?

DNAとRNA(核酸)がこのような細胞の分裂などをコントロールしています。
もう少し具体的に言うと、DNAの設計図を基にRNA(リボ核酸)がアミノ酸(タンパク質)を作っている…と言うわけです。
DNA・・・設計図の役割
RNA・・・DNAの設計図に基づいて、アミノ酸を材料に新たな健康細胞を作ります。細胞の大工さん、と言ったところで しょうか?

DNAが正しく働いていますか?

成長という体を完成させるための細胞分裂が終わると、今度は古くなった細胞を新しいものと交換する作業を続けていきます。
これが「新陳代謝」です。
その時、きちんと自分のコピーをDNAは作ろうとします。
そのおかげで、どの部分も異常をきたすことなく代謝が行えるのです。

でも、もし、コピーミスしてしまったら?
不完全なDNAは、不幸にも悪性腫瘍のように目立った形で現れることもありますが、多くは漠然とした機能低下、皮膚・被毛の老化、肝臓・腎臓・心臓の衰えと言う形で現れることが多いのです。

愛犬のDNA・RNAはタンパク質(体)をきちんと作っていますか?

体を作る全てはタンパク質でできています。
また様々な化学反応に関係する酵素もタンパク質です。
DNAの設計図をもとにRNAがアミノ酸を組み合わせて、タンパク質をつくるのですが、ところが一つでもアミノ酸の組み合わせが違ったものになると、不完全なたんぱく質として本来の機能が働かなくなったり、正常な化学反応が出来なくなります。
…その結果、血液や皮膚被毛、内臓など全ての細胞が正しく作られず、老化や生活習慣病の原因となるのです。

コピーミスはなぜ起こる??

簡単に説明すると、コピー機が分かりやすのではないでしょうか?

コピーのミスの原因は
1.原稿が傷つき、汚れている(つまりDNAが完全ではない)
2.コピー機のインクや紙が足りない(つまり、細胞の中の核酸の原料が十分にない)
3.コピー機自体が古くなったり、部品が壊れて正常に動かない
(つまり、現状の体内のDNAやRNAが傷つき、正常に動かない)

そうお分かりですね?

様々な病気やトラブルは遺伝子の情報ミスから生まれているのです。
私たち人間の世界ですが、がんや糖尿病、高血圧などを発症させる遺伝子(これが傷つくと癌や、アレルギーや、高血圧になってしまう遺伝子)が近年、続々と発見されています。
細胞が常に正常な細胞さえ生みだしていれば、私たちや愛犬はほとんど病気にならないと言っても過言ではないのです。(感染症は別)

ではいったい何が遺伝子を傷つけるの?

一つはウィルス。
ウィルスは自分では増殖できないので、細胞に入り込んでその細胞を傷つけ、利用し自分の勝手の良いように書き換え増殖します。

ところが… このウィルスよりもさらに怖いのが実は「酸素」。
酸素なしでは生きていけない、私たちや愛犬たち全ての生物。
私たちの体はエネルギーを生み出す際、酸素を使っています。
生きるためにも呼吸で酸素を取り入れて生きています。
火を起こす時に酸素を送る(息をふき掛けるなど)して火を起こすようなものです。
その過程で、どうしても生み出されるのが活性酸素。
火で燃やすところで言う、二酸化炭素です。
この活性酸素、別名「悪玉酸素」こそが、遺伝子を傷つけ、脂質を酸化させ、老化を引き起こす根源なのです。

どうしようもないじゃない!!と思っているかた、大丈夫です!!

生物の体には、傷ついたDNAを修復する働きがあるんです。
ただ、この修復機能は年とともに衰えていきます。
だから、食事で取りいれた核酸が重要になり、それを各細胞で再利用することが大切なのです。
ビッグウッドでは、活性酸素によって傷つけられた遺伝子を修復する食事が、愛犬の健康を守れる食事であると考えています。
ですから、フードにはDNAとしての「サケ白子抽出物」とRNAとしての「酵母リボ核酸」を、愛犬自身が十分に遺伝子を修復できる量を配合しているのです。
なので、ビッグウッドの華やスパミールは、体の中の様々な細胞分裂を正常な形で行えるように配慮されている食事というわけなのです。

それから、活性酸素を消去する食べ物というものが存在します。
それは、SDO(スーパーオキシドディムスターゼ)を豊富に含む食品です。
しかし、ハーブや野菜やお茶や果物などに多く含まれるSODは、そのままだと分子の大きさが大きく、なかなか吸収されるのは難しいと言われています。
そこで植物や果物を醗酵して作った酵素食品ならSOD様食品としてとってもベターで、サプリメントの「元気な酵素」をお勧めします。

シニア期になれば当然もっとたくさんの活性酸素を除去する食事を心がけなければなりませんので、華やスパミールに元気な酵素を加えていただくことをお勧めしています。

また、活性酸素を除去するにはSOD様食品「元気な酵素」の他に、抗酸化作用の高いサプリメント「エッセンシャルアクティベーション」がありますので、併用されれば尚良い食事を愛犬に用意してあげることができます。

PAGE TOP