半額トライアル商品
商品レビュー祭り

腎臓病

腎臓病

自覚症状が出にくいから、異常がわかった時に病状が進行しているケースが多い

腎臓は後腹膜腔にそら豆型をして2個あります。大きさは手の拳大くらいで、重さは100グラムほどです。
非常に大量の血液が流れるところで、心臓から送り出される血液の4分の1は毎回腎臓にやってきます。腎臓の表層部分を皮質といいますが、この皮質に糸球体(しきゅうたい)というものが左右の腎臓を合わせて200万個ほどあります。
これは直径0.15~0.2mmくらいの小さなもので、その中の糸球体毛細血管を血液が通る間に、尿の元になる「原尿」が濾過されて出てきます。
この原尿には非常にたくさんの水が含まれ、同時に間違って濾過された蛋白や糖などが含まれていますが、そのほとんどが尿細管というところを通るときに再び体に中に取り入れら体に不要な水分と物質を尿として体外へ出しています。

大事なことは、腎臓は代償能力が極めて大きい臓器であるということです。例えば2つある腎臓のうち 一方が全くだめになっても、もう一方が正常に働いていれば支障なく生きていけます。
そのために自覚症状が出にくく、腎機能検査をしてもほとんどが「正常」と診断されます。
それだからこそ検査で「異常」がわかった場合には、大変腎機能が低下しているということです。ここが腎臓病の恐いところです。

腎臓の役割

塩分や有害物質などをろ過する役目があります。
ざるを想像してみて下さい。
体に必要な物はざるの目に引っ掛かり、血液に戻されます。
これが再吸収です。
ダメージを受けた腎臓では、このざるの網目が詰まり老廃物や毒素などが体に残ります。
さらに再吸収も行われないため、色の薄い尿が大量に排泄されます。

また、腎臓は電解質や血圧などを調節ホルモンを出しています。
中でも、問題なのが赤血球をつくるホルモンが腎臓で作られているということ。
このホルモンがないと新しい赤血球が作られないのです。

赤血球の寿命は100日くらいと言われていますから、古いものから壊れていき、補充が出来ない状態では、どんどん貧血になっていきます。

役目が分かったら、次はどうして機能が低下するのか原因について探ります。
多くは感染症や偏った食生活、ストレス、疲労です。

ウィルス感染 風邪などの感染症にかかった時に侵入した細菌やウィルスによって起こります。ですが腎機能が圧倒的なダメージを受ける前に症状が出るので、すぐに治療すればほとんど感知しますが、まれに慢性化する場合もあります。
ストレス 愛犬がストレスを受けることにより、腎臓に流れこむ血液の量が少なくなることで起こります。
こちらもあっという間(急性)腎不全として症状が現れます。
偏った食事 高温処理されたドライフードにはほとんど栄養素が残っていません。
後から科学的な物や天然成分から抽出し加工した栄養素が添加されるのです。一粒当たりの栄養素は果たしてバランス良く含まれているでしょうか?
過剰になり過ぎていたり、腎臓や肝臓に溜まり易い栄養素と言う名の科学物質が含まれているのです。
人間用の味の付いた食事を与えたり、おやつの量が多すぎたり…そちらも見直す必要があります。

原因を探ると根本は食事にあることが分かりますね。

きちんとした栄養素を体に取り入れ、消化・吸収し、体本来の持つ免疫力や抵抗力があればウィルス感染してしまうことはまずありません。

また、後から栄養素として添加された化学物質を含まない食事を取ることで、腎臓への負担を減らす事が出来ます。

ビッグウッドの食事には、栄養素としての添加物も一切含まれていません。
自然の状態の生の栄養素を、低温加熱調理することでバランス良く含んだ状態で愛犬に与えることが出来ます。
また含まれる軟質の炭抹には無数の超微細孔があり、毒素を吸着・排出してくれる働きがあることが分かっています。
ですから、「体に取り込まない」「たまったものを排出する」二つの働きのある食事を取り入れていくことで、腎臓の機能回復することが望めます。

ダメになってしまった腎臓は再生することがありません。
腎臓は75%切り取っても25%の腎臓で生きていけると言うほど、我慢強く症状の出にくい内臓ですので、症状が出ていなくとも食事を改善し、ダメージを受けていない腎臓の健康を保つことが一番だと言えます。

腎臓病に必要なサプリメント

まずは基本サプリでサポート

愛犬活力源愛犬活力源

腸内環境の基となる(プロバイオテクス)と(プレバイオテクス)の両方をサポートし、総合的な健康の維持をサポートします。

イーストイースト

「イースト」に含まれるビタミンB群は、強力な酸化防止食品であり、免疫機能や新陳代謝、ならびに総合的な健康の維持をサポートします。

サプリメントに含まれる成分で腎臓と副腎をしっかりサポート

副腎は体内の活力源です。ストレスや去勢・避妊などでホルモンバランスに影響があったりすると副腎を痛めます。「ビタミンC・D・B1・B2・B6・B12・ナイアシン・カルシウム」の強化が、疲れ果て、使い果たされた副腎に栄養を与えます。

魚の肝臓とニンジンから作られた「βカロチンンとフィッシュリバーオイル」は、皮膚や腎臓や副腎の粘膜の障害を防ぐビタミンAの前駆体です。皮膚や内臓などの膜組織の健康を維持するために利用されます。

DNA核酸の設計図をもとにRNAリボ核酸がアミノ酸を組み合わせて、タンパク質をつくるのですが、アミノ酸の組み合わせが違ったものになると、肝臓・腎臓の衰えが起こります。

コンシェルジュルーム

腎臓病の食事療法&療法食に含まれているハーブ

NEPTUNE

NEPTUNE

腎臓機能をサポートするハーバルコンビネーションです。
METALINE

METALINE

環境汚染などにより、日々有害なケミカル(金属化合物質)汚染は腎臓にたまり易く、そんなケミカル由来のストレスにもポジティヴに対応するためのハーバルコンビネーションです。
CHEM-X

CHEM-X

環境汚染などにより、日々有害なケミカル(化学物質)汚染は肝臓にたまり易く、そんなケミカル由来のストレスにもポジティヴに対応するためのハーバルコンビネーションです。

PAGE TOP