半額トライアル商品
商品レビュー祭り

白内障

白内障

気付くのが遅れる傾向のある白内障ですが、早期に進行を遅らせる事が重要です。

日中の散歩が原因と考えられています

白内障の原因は、水晶体が紫外線にを浴びて目の中で水晶体の油(不飽和脂肪酸)が酸化して白濁します。
犬は、自然界では夜行性の動物ですが、犬として人間と歩むようになって日が出ている時間に散歩したり行動したりするようになったことが最大の要因でないかと言われています。

白内障の予防には、ビタミンB2と亜鉛とSOD様食品が欠かせません。チェダーチーズにはビタミンB2と亜鉛やSOD様食品が豊富に含まれ、白内障予防にはお勧めの食品です。

それから、不飽和脂肪酸の入れ替えを促進することで活性酸素で酸化した不飽和脂肪酸を抑え、白内障のサポートになります。
不飽和脂肪酸はオメガ3系の油で、亜麻仁油に豊富に含まれます。
亜麻仁油(オメガ3系オイル)は酸化がとても速いオイルですので、ソフトカプセルに一つずつ包んだサプリメントの「モイスチャーエッセンス」がお勧めです。
もちろん可能であれば、日が落ちてからの散歩に変えることで、進行を遅らせることも必要と思います。

早期の発見が重要

白内障はもともと犬が視覚を重要視せず嗅覚や聴覚に重きを置いているため、飼い主さんが気がつくのが遅くなる傾向にあります。

また、分かったところで濁った水晶体を取り除く手術などもありますが、 完全に見えるようになるわけではありません。
とにかく早期に進行を遅らせてあげることが重要です。

そのためにも、活性酸素を取り除くSOD様食品である「元気な酵素」ならびにオメガ3系オイルを酸化しないソフトカプセルに包んだ「モイスチャーエッセンス」ビタミンB2と亜鉛をバランスよく含み体内に吸収しやすい「ワンダーエナジー」をサプリメントとして活用していただくことをお勧めいたします。

あとから栄養素として添加されていたり、海外製のもののようにリパックされタンパク質の酸化が進んでしまっているようなフードは代謝も鈍らせ腸内環境が乱れるので避けるべきでしょう。

症状の進行してしまっているワンちゃんには療法食の「ブレストアイ」をお勧めします。白内障をサポートする栄養素をふんだんに配合しているので、食事からトラブルに働きかけてくれます。

白内障に必要なサプリメント

まずは基本サプリでサポート

愛犬活力源愛犬活力源

腸内環境の基となる(プロバイオテクス)と(プレバイオテクス)の両方をサポートし、総合的な健康の維持をサポートします。

イーストイースト

「イースト」に含まれるビタミンB2は、強力な酸化防止食品であり、免疫機能や新陳代謝、ならびに白内障をサポートします。

イムム―イムム―

「イムム―」という鳥のオイルは、血液中の脂質に入り込み中枢神経や脳のサポートを行い、癲癇、神経痛、白内障、HIV、神経の障害にアボリジニ人は古くから活用してまいりました。
抗酸化ビタミンである、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA白内障が改善した報告もあり、これらもサプリメントなどでしっかり補える事が重要。

サプリメントに含まれる成分で白内障をしっかりサポート

「亜鉛」は、すい臓、甲状腺、胸腺や肌のトラブルや白内障や免疫組織をサポートします。

KELP・CLAY・CENTEURYに含まれるミネラル強化と、PABA・SODの補給で活性酸素を防ぐ働きをサポートします。

コンシェルジュルーム

白内障の食事療法&療法食に含まれているハーブ

ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリーの野生種である無農薬栽培されたビルベリーを配合しています。ブルーベリーの主成分であるアントシアニンは、血管をサポートし、血液の循環を正常に保つなどの働きがあり、また、目のガラス体や角膜の形成に必要な成分でもあるため、白内障や緑内障をサポートする成分です。
マリーゴールド

マリーゴールド

無農薬栽培されたマリーゴールドを配合しています。マリーゴールドの主成分であるルテインは、目の網膜に多く存在している成分で、有害な光線(紫外線など)を吸収し目の健康をサポートする成分ですが、体内では生成することができない年齢とともに目減りする成分でもありますので食事でしっかり摂取する事が大切です。
ヘマトコッカス藻

ヘマトコッカス藻

天然のヘマトコッカス藻由来の高濃度、高品質ののアスタキサンチンを配合しています。抗酸化作用で知られるアスタキサンチンは、紫外線による目のダメージや眼精疲労をサポートし、視力の低下や目の機能をサポートするといわれている成分で、抗酸化ビタミンであるビタミンEの約500~1000倍ともいわれています。

PAGE TOP