半額トライアル商品
商品レビュー祭り

腫瘍・ガン

腫瘍・ガン

犬の死亡率トップが、近年は「ガン(悪性腫瘍)」となってしまいました。
理由は、犬が長生きになったことと医療技術が進歩し、発見が可能になったからと言われています。
また食事の内容が大きくかかわってきた……ともいわれています。

栄養素を壊す高温処理されたドッグフード

ドッグフードが開発される前は、犬の食事といえば、ご飯に味噌汁、内臓肉や魚などを食べさせていました。
現在のような農薬や添加物や残留薬品の問題も少なく、酸化した食べ物は与えていませんでした。そして人の食べるレベルの食材を食べていました。誰も食事のバランスなんて気にしていなかったけど、食事としては今よりも幸せな内容だったのではないかと思えてしまうほど。

最近になってようやく、ドッグフードも色んな規制があるようになったけれど、それ以前は添加物や防腐剤も使われ放題で使った添加物の表示義務すらありませんでした。
人の食べられないレベルの薬品浸けの4Dのお肉などが使われていたことも事実ですし、現在でもそのような原料が使われていたりします。
それから、やはりドッグフードは添加物で成り立っていて、自然の栄養バランスがとれなかったり、高温加熱で殺菌処理や成形をするので、栄養が壊れたり酵素が存在しない食べ物になっているところが問題です。

ガンを発生させるといわれている主な原因

ガンの原因については未だ完全には解明されてはいませんが、現段階では、遺伝子の突然変異によってガンは発生するとされています。その主な要因は、遺伝子を傷つけ、免疫力を低下させて、ガン抑制遺伝子の働きを弱めてしまう生活習慣にあるといわれています。食品添加物として、化学物質が食事に取り入れられるようになって癌やアレルギーが急増したという点に注目して多くの学者が研究しています。

遺伝子を傷つける
遺伝子の突然変異によって腫瘍細胞が形成される。

免疫力が低下する
免疫組織にエラーが生じ、ガン抑制遺伝子の働きを弱めてしまう。

犬のガン予防法

それは、やはり食事が一番の予防です。 BIGWOODの食事は、低温で調理することにより自然の栄養素や酵素を豊富にバランス良く含み、プロバイオテクス食品である木酢液と軟質炭素抹を含み、抗酸化食品であるウコンやハーブや野菜を配合し、遺伝子を構成する核酸食を含んでいます。 SOD様食品として、熱に弱い酵素も含んでおりますが、癌予防という観点からはサプリメントの「元気な酵素」を、補給してあげることがお勧めです。

・免疫力を高める抗酸化食品をたくさん食べる。
・遺伝子を傷つけない核酸食をたくさん食べる。
・活性酸素を除去するSOD様食品をたくさん食べる。
・腸内環境を整えるプロバイオテクス食品をたくさん食べる。
・自然の栄養素をたくさん取り入れ、血液や体液をきれいにする食品をたくさん食べる。


反対に与えてはいけない食事とは…

・酸化したフードを食べさせない。
・核酸を補えないフードを食べさせない。
・SOD様食品を含まないフードを食べさせない。
・プロバイオテクス食品を含まないフードを食べさせない。
・添加物を含んだ食品を食べさせない。

酸化したフードは添加物同様に、愛犬の体にとっては「毒」になると言えます。
ですから、海外製の赤道直下を高温で2カ月近くもかけて船便で運ばれたフードは避けるべきでしょう。
高温になることで酸化し、さらに日本に到着したとき、リパックされ空気に触れることでさらに酸化します。これではいくら無添加だ、素材がいいと謳われていても見直さなければなりません。
また、国産と言えど高温で調理されているフードは自然の栄養素が不足していて、栄養を補うために添加された、たとえ天然由来の添加物でも、愛犬にとっては簡単に体に蓄積され悪影響を及ぼすものも少なくありません。

腫瘍・ガンに必要なサプリメント

まずは基本サプリでサポート

愛犬活力源愛犬活力源

腸内環境の基となる(プロバイオテクス)と(プレバイオテクス)の両方をサポートし、総合的な健康の維持をサポートします。

イーストイースト

「イースト」に含まれるビタミンB群は、強力な酸化防止食品であり、免疫機能や新陳代謝、ならびに総合的な健康の維持をサポートします。

エッセンシャルアクティベーションエッセンシャルアクティベーション

「エッセンシャルアクティベーション」に含まれるパインバークやグレープシードの抗酸化力はビタミンCの約20倍、ビタミンEの約50倍の効力があると言われています。

サプリメントに含まれる成分で腫瘍・ガンをしっかりサポート

「コエンザイムQ10」は、心臓をつかさどるアミノ酸であり、心臓病、発作、血圧正常化、ダイエット効果、糖尿病、インシュリンの合成や分泌、アレルギー、癌、免疫等をサポートする食品です。

「亜鉛」は、すい臓、甲状腺、胸腺や肌のトラブルや白内障や免疫組織をサポートします。

「DNA・RNA」の核酸食でサポートする必要があります。 DNAの設計図をもとにRNAがアミノ酸を組み合わせて、タンパク質をつくるのですが、アミノ酸の組み合わせが違ったものになると、異常遺伝子が生成されると言われています。

「ヤロー・バードッグルート・スリッぺリーエルムバーク・ルバーブルート・ウオータークレスのハーバルコンビネーション」は、様々な悪影響を及ぼす食品添加物から身体を守るユニークなハーブの組み合わせです。

「ウイロ―リーフ・タイム・ミルクシッスル・シナモンのハーバルコンビネーション」は、様々な悪影響を及ぼす環境汚染から身体を守るユニークなハーブの組み合わせです。

KELP・CLAY・CENTEURYに含まれるミネラル強化と、PABA・SODの補給で活性酸素を防ぐ働きをサポートします。

「エキネシア」は、インディアンのハーブと呼ばれ、古くから親しまれてきました。抗ウイルス作用もあり、風邪やインフルエンザ、カンジタや尿道炎といったあらゆる感染症に対しても働きかけるといわれています。

魚の肝臓とニンジンから作られた「βカロチンンとフィッシュリバーオイル」は、皮膚や粘膜の障害を防ぐビタミンAの前駆体です。正常な免疫力を維持するために利用されるといわれています。

「DNA・RNA」の核酸食でサポートする必要があります。 DNAの設計図をもとにRNAがアミノ酸を組み合わせて、タンパク質をつくるのですが、アミノ酸の組み合わせが違ったものになると、異常遺伝子が生成されると言われています。「ア三ノーズプラス」は、アミノ酸に栄養を与えるサプリメントです。

コンシェルジュルーム

腫瘍・ガンの食事療法&療法食に含まれているハーブ

ENVIOROMENTAL-X

ENVIOROMENTAL-X

腫瘍の要因の一つに体内の活性酸素が起因してると言われています。体内の活性酸素浄化をサポートするハーバルコンビネーション。
WORMWOOD COMBINATION

WORMWOOD COMBINATION

寄生虫の過剰な繁殖に伴い、腫瘍ができる場合があります。寄生虫が体内に繁殖し過ぎないように、寄生虫を招かざる環境をサポートするハーバルコンビネーション。
METALINE

METALINE

環境汚染などにより、日々有害なケミカル(金属化合物質)汚染とともに、腫瘍が増えてきた背景があります。そんなケミカル由来のストレスにもポジティヴに対応するためのハーバルコンビネーションです。
CHEM-X

CHEM-X

環境汚染などにより、日々有害なケミカル(化学物質)汚染とともに、腫瘍が増えてきた背景があります。そんなケミカル由来のストレスにもポジティヴに対応するためのハーバルコンビネーションです。
VYREN

VYREN

ウイルス細菌毒素が影響し、腫瘍が現れる場合があります。ウイルスや細菌に負けないような、体内の防御システムをサポートするハーバルコンビネーション。
A-33

A-33

免疫組織にエラーが生じ、ガン抑制遺伝子の働きを弱めてしまいます。免疫機能の正常な働きをサポートするハーバルコンビネーション
 

さけ白子抽出物(DNA含有)・酵母リボ核酸

遺伝子の突然変異によって腫瘍細胞が形成される。遺伝子をサポートする核酸食
常緑広葉樹皮炭素抹・木酢液

常緑広葉樹皮炭素抹・木酢液

全ての健康は、腸内環境と体内の浄化によって育まれるのです。炭素末は体内のお掃除をしてくれ、なおかつ炭素抹と木酢液の組み合わせはプレバイオテクスとなり、腸内の有用微生物を育てる働きがあります。

PAGE TOP