フード選びでお困りですか?
大切な愛犬の身体を作るものだから、食材と調理法にこだわった国産・無添加のフードを...。
ドライフード
長期保存可能、手軽に扱える、総合栄養食が多い、歯磨き効果、歯石や口内炎・口臭の予防
ウェットフード
高タンパク高脂肪、低炭水化物である、低カロリーが多く、肥満対策、味の種類が豊富
国産・無添加フード
愛犬の身体のお悩みをサポートするハーブを使用した、国産・無添加の療法食 
オーダーメイド
愛犬のさまざまな病気をサポートする療法食を心をこめてお作りいたします
単品でお試し
セットでお試し
ビッグウッド オンラインショップ > お客様体験記 > 結石, 心臓 > 療法食を始めて半年。今では見違えるほど元気に

療法食を始めて半年。今では見違えるほど元気に結石心臓

石川県 | 宮下省吾くん | ミニチュアダックスフント オス 5歳

小さい頃から食が細かった省吾ですが、スパミールに切り替えてからは食欲旺盛、とても元気に過ごしていました。

ところが、4歳を迎える頃、抱っこから降ろす時に、突然「キャン」と言って、少しの時間、おすわりをしたまま動けなくなることがあり、お医者さんでX線検査をしていただきました。

診断結果は「椎間板ヘルニア」。骨が石灰化しているとのことで、今は落ち着いているものの、手術をするなら早いほうがいいということでした。けれど、もし成功しても再発の可能性が50%だといいます。 再発の可能性、全身麻酔のリスクも考えると、手術にはどうしても踏み切れず悩みました。

また、この頃、大豆大の脂肪腫が、首のつけねにひとつ、乳腺にふたつできていることに気が付きました。毎年のレントゲン検査でも、薬を飲むほどではないものの、心臓が少し肥大してきていたり、雑音が聞こえたりと、いろいろと気になるところを抱えていたため、被毛チェックをお願いすることにしました。

検査結果では、脂肪腫は良性のようなので、悪い方向にいかないように働きかけるハーブと、膀胱のためのハーブを配合した食事を作ることになりました。心臓は特に問題は抱えていないようでしたが、今後の予防のためにも、心臓に負担をかけないように、血液の流れをよくしてあげるためのハーブもいれてもらうようお願いしました。 療法食を始めて3ヶ月後、レントゲンをとると、膀胱の石が一回り小さくなっていました!

ふたつあった乳腺腫瘍も、ひとつは気がつくと消えてしまっており、もうひとつもかなり小さくなってきています。このとき、経過を確認するために再度被毛チェックを行ったところ、膀胱はもう少し時間がかかりそうでしたが、腫瘍は明らかに改善してきていました。 そして、それから1ヵ月後、残っていた首の脂肪腫が大きくなっていることに気が付きました。

薬を使わず、とにかく安静にさせるという当時のお医者さまの方針に従って痛み止めを使っていなかった私は、どうしていいかと途方にくれ、再度相談室にお電話しました。 松崎さんは、このまま安静にさせるというだけでは、この子にとって大変辛く、いっそう体力を消耗させてしまう危険があるので、自力で治す力をつけるためにも、痛みがひどい時にはお薬も上手に併用して、鍼灸など身体に負担の少ない方法も取り入れて痛みを緩和してあげることも必要かもしれないこと、お医者さまにもいろいろな考えがあるので、他の獣医さんたちのセカンド、サードオピニオンも参考にしてみることも大切ですとアドバイスいただきました。

そして、最終的には被毛チェックをお願いすることにしました。私自身が信頼して取り組める方法で、なんとか省吾を回復させてあげたかったのです。せめて、夜安心して眠れるようになればと、祈るような思いでした。 下痢は、消化しやすいスープの食事にディーリーフや酵素をいれることで回復させることができましたが、ヘルニアは、関節自体が異型になっているわけですから、食事で治すことはできません。

被毛チェックの結果もあまり良いものではなく、松崎さんも食事でどこまで回復できるかは正直わからないということでしたが、私は省吾の生命力、そしてビッグウッドさんを信じると決めていましたので、とにかく療法食に賭けてみることにしました。省吾は、どんなに痛い時でも、スパミールと療法食を食べる食欲だけはあり、そのことも小さな希望の光のような気がしていました。

療法食を始めてからは、朝、陽射しが柔らかい時間をみつけて日光浴をさせたり、大根葉をきざんで食事に加えたりと、骨やカルシウムの吸収に良いと思われることも、いろいろと続けていきました。 そして、療法食を始めて1ヶ月が経つ頃、小さな奇跡が起きました。

痛さで、この3ヶ月間声を発しなかった省吾が、「ワン!」と吠えたのです。嬉しくてたまりませんでした。それからの回復ぶりは、目を見はるものでした。 身体のゆがみも見られなくなり、しっかりした足どりで歩けるようになっていったのです。 半年ほど療法食を使い終わった今では、小走りに走ったり、お腹を出して眠ったりと、動作もほとんど普通に戻り、みちがえるほど元気になりました。 背骨の真ん中あたりの骨は突起したままで、他の犬のようにジャンプしたりすることはできませんが、正直、ここまで回復してくれるとは思いませんでした。 大好きな「ひざの上だっこ」も復活!よいしょよいしょと懸命に、ひざによじのぼってくるようになりました。

今まで当り前にできていたことがどんどんできなくなることの悲しさ、替わってあげることもできず、なでてもやれない、見守るしかできないというもどかしさは、胸がちぎれるほど辛いものでしたが、普通に動けるということの素晴らしさ、ありがたさが身にしみる想いでした。

飼主として、至らない点はたくさんあり、その分省吾に辛い思いをさせてしまったと思うのですが、ビッグウッドさんを信じて続けていて、本当によかったと思います。 これからも何かとご相談するかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

※あくまでも個人の感想です。効能・効果を謳っているわけではありません。

PAGE TOP