フード選びでお困りですか?
大切な愛犬の身体を作るものだから、食材と調理法にこだわった国産・無添加のフードを...。
ドライフード
長期保存可能、手軽に扱える、総合栄養食が多い、歯磨き効果、歯石や口内炎・口臭の予防
ウェットフード
高タンパク高脂肪、低炭水化物である、低カロリーが多く、肥満対策、味の種類が豊富
国産・無添加フード
愛犬の身体のお悩みをサポートするハーブを使用した、国産・無添加の療法食 
オーダーメイド
愛犬のさまざまな病気をサポートする療法食を心をこめてお作りいたします
単品でお試し
セットでお試し
ビッグウッド オンラインショップ > お客様体験記 > 癇癪, 関節 > 関節の弱かったおかきも片足でしっかり支えられるように!

関節の弱かったおかきも片足でしっかり支えられるように!癇癪関節

福岡県 | 山本おかきくん | チワワ オス 12歳

シェパードとチワワのブリーディングを専門にしてきた私は、身も心も健康な犬に育てるための「食」の大切さを実感するようになりました。

いろいろと勉強し、信頼できる品質のフードを選んでいたものの、皮膚の湿疹など様々な不安は消えません。本当にこれでいいんだろうか?・・・そんな葛藤と闘っていた頃、突然、6歳のおかきが癲癇を発症し、その2年後にはみるくまでも、発作に襲われるようになりました。

おかきの発作はそれほどひどくはなかったものの、みるくの場合は、お医者さんも初めて見るほど特異なものでした。

右前足が自分の意思とは無関係に耳の横まで上がってそのまま硬直してしまい、長い時は5~6分、そのまま動くことができません。それがおさまったかと思うと、今度は左前足が同じ状態になり、両前足がおさまると次は後ろ足も同じように、片方ずつ後方にのびてひきつり、しばらく硬直してやっと終わるという具合でした。

この発作が起きている間はうまく呼吸ができないのか、顔も身体も真っ赤になり、苦しそうな表情を浮かべ、はたからみると心臓麻痺でも起こしているかのように見えます。みるくが発作を起こすたびに、このまま死んでしまうのではないかという不安にかられ、私は胸がつまる思いで、大丈夫よとみるくの体を抱いてさすっていました。

お医者さんでは、発作の前に精神安定剤を飲ませて少しでも軽減させてやるしかないと言われましたが、天気や気圧の変化などに関係なく突然起きるために、いつ薬を与えるべきか予測をつけること自体が難しいのです。

薬を飲ませることもままならず、発作の回数も年齢を重ねるにつれて徐々に増え、ひどい時は1日2~3回、ほぼ毎日のように繰り返されました。みるくは発作の後、しょんぼりと丸まり、ごはんを食べる元気もありません。完治は無理でも、何とか少しでも楽にしてあげたい、長生きしてほしいという一心で、良いと聞くものはすぐに試し、厳選したサプリメントを使っていました。それでも、目だって良くなるということはなく、少しはましになった気がすると無理に自分に思い込ませる日々でした。

何をやってもダメかと半ば諦めかけた頃、運営するドッグスクールの関係で、ビッグウッドの大木社長と知り合いました。そして、フードを作るようになったきっかけや考え方、華やスパミールがどのようにして作られたかなどの話を聞き、半信半疑ながら、この出会いも何かの縁かもしれない、と試してみることにしました。

おかきが11歳、みるくが9歳を迎えた頃です。

スパミールをあげたところ、2頭は、今までのフードとは比べものにならないほど喜んで食べてくれました。また、2頭とも以前はたびたび下痢を起こしていましたが、スパミールは慣れるまでの間に若干軟便になった程度で、すぐにしっかり消化できるようになりました。

今までの経験から、自然派フードを与えれば軟便になる、という意識があった私にとってこれもまた嬉しい驚きでした。 ビッグウッドのフードを与え始めて3ヶ月が過ぎる頃、まずおかきに思いがけない変化が訪れました。

この子の被毛は、6年前に短くカットして以来、全く伸びてこないし生え変わりもしない状態で、本来の黒い被毛は赤紫のように色あせてしまっていました。ところが驚いたことに、次第に皮膚の組織がうろこのようにぼろぼろとはがれ、その下から少しずつ黒い毛が生えてきたのです。

1年経つ頃には、首周りとしっぽ以外は、昔と同じように、ふさふさとした黒い毛並みが甦りました。

また、おかきは関節が弱く、マーキングする時には決まって足をふらつかせていたのですが、今は腰がしっかりと安定して、足を高くあげても片足でしっかりと体を支えられるようになりました。

そして、何よりも信じられないのはおかきもみるくも癲癇がほとんど起きなくなったことです。

おかきは、ビッグウッドに切り替えて以来、全く発作を起こしません。みるくはたった1度だけ、それも全く記憶に残らないほど軽いもので、発作のあともけろりとしていました。このとき、本当にこの子たちは変わった、強くなったのだという喜びが、しみじみとこみ上げました。

ビッグウッドを知る前から、いろいろと身体に良いものを取り入れてきたことで、ある程度彼らの体の基礎が整っていて、全てが一度に良い方向へ動いたのかもしれません。それにしても、彼らの変化は何もかもが奇跡のようでした。 おかきは今年12歳、みるくは10歳になりますが、3歳程度にみられることもしばしば。全身溌剌として、昔よりも断然若返ったようです。

今まで、私がブリーディングした仔たちには離乳食からスパミールを与え、新しい飼主さんのもとでも続けてくださるようにお勧めしています。 自分の子供同然である犬たちには元気で天寿を全うしてほしい、おかきやみるくたちと同じように、毎日いきいきと元気で過ごせる子が増えてほしい、飼い主さんに食事の大切さを考えてほしい・・・という想いがあるからです。

10年間、犬に携わり、いろいろと研究をしてきましたが、やっと信頼できるものに出会えた喜びでいっぱいです。 これからも是非、自信と誇りを持って、ビッグウッドを発展させていってください!

※あくまでも個人の感想です。効能・効果を謳っているわけではありません。

PAGE TOP