フード選びでお困りですか?
大切な愛犬の身体を作るものだから、食材と調理法にこだわった国産・無添加のフードを...。
ドライフード
長期保存可能、手軽に扱える、総合栄養食が多い、歯磨き効果、歯石や口内炎・口臭の予防
ウェットフード
高タンパク高脂肪、低炭水化物である、低カロリーが多く、肥満対策、味の種類が豊富
国産・無添加フード
愛犬の身体のお悩みをサポートするハーブを使用した、国産・無添加の療法食 
オーダーメイド
愛犬のさまざまな病気をサポートする療法食を心をこめてお作りいたします
単品でお試し
セットでお試し
ビッグウッド オンラインショップ > お客様体験記 > アレルギー > 一生付き合わなければと思っていたアトピー性皮膚炎

一生付き合わなければと思っていたアトピー性皮膚炎アレルギー

福岡県 | 尾花りゃんりゃんちゃん | パピヨン メス 5歳

1998・夏

りゃんりゃんが我が家にやって来ました。先住犬のパピヨンに次ぐ、次女としての出会いでした。2歳になった頃から「口の周りが少し赤いかな?」と感じるぐらいで、ほかは特に病気もせず、元気に過ごしていました。

2000・秋

私が手術を受けるために1ヶ月ほど2匹を獣医さんの所へ預けました。その間は、元気に過ごしていたようですが、一緒に暮らせるようになった頃から、しきりに体を掻くようになりました。 獣医さんは、「飼い主から離れていたストレスか、家に何らかのアレルゲンがあるのだろう。」と抗ヒスタミン剤(かゆみ止め)をくれましたが、いっこうに良くなりません。 夜も眠れない様子で鳴きながら体を掻きむしっています。口が届く下半身・足の毛はほとんど抜け、地肌が見えるほどになり、目の周りからは出血もしていました。

2000・冬

結局冬を迎える頃にはアトピー性皮膚炎ということで、エリザベスカラーを付け皮膚が傷つかないようにし、獣医さんの勧める治療食とステロイド剤、抗ヒスタミン剤の治療が始まりました。 ステロイド剤を飲ませると皮膚の赤みはすぐに取れ、痒みも治まり、夜もよく眠れるようでした。 しかし、看護師をしている私にはステロイド剤の偉大な力も、その副作用も、薬をやめたときのリバウンド症状の怖さもよくわかっています。「人間にも慎重に、微量にしか投与しないその薬を3㎏のこんな小さな子に与えても大丈夫だろうか?一生この子は薬漬けになるのだろうか・・・?」と不安でいっぱいになりました。 そこで「極力ステロイド剤を飲ませたくない」ことを獣医さんに伝えたところ、私の意向をくんでくださり、薬の減量、中止・・・となりましたが、痒みは続いています。あまりに掻くことに執着しているので、精神安定剤を処方されたこともありました。

2001・4月

出かけた先で目を離した隙に、見ず知らずの人からササミジャーキーをもらい、食べてしまいました。 帰宅後りゃんりゃんは部屋の片隅で丸くなっています。声をかけると、振り返ったその顔は瞼が腫れ、目がほとんど開いていません。 口唇も腫れ上がり、呼吸も荒くなっており、「即時型アレルギー(アナフィラキシーショック)だ。」と直感しました。 すぐに獣医さんに診ていただくと、ステロイド剤の注射を打たれてしまいましたが、その時ばかりは薬を拒否することもできず、結局、内服薬も飲むことになりました。 りゃんりゃんが少しでも良くなるためならと、部屋のカーペットをはずしたり、空気清浄機やアトピー用寝具(犬用)を購入したりと、良いと聞くことはすべて試しました。

2002・4月

しかし、どれも期待するような効果は得られず、獣医さんからホルモンの関係かもしれないと言われ、勧められるままに避妊の手術までしました。 術後も、暇さえあれば掻く・咬む動作の繰り返しで、可哀想にエリザベスカラーは24時間着けたまま、一時もはずせない状態でした。 そんな折、雑誌の特集でビッグウッドの工場が紹介されているのが目に留まりました。 自然食に興味を覚え、読者プレゼントに応募すると、当選者5名の中に選ばれ、お試しセットとビデオが送られてきました。

2002・5月

ビッグウッドの相談室へ電話したところ、手作り食を勧められ、華・エンザイム・愛犬活力源と10種類ほどの野菜を煮たものを与えることにしました。 華には鶏肉が入っているということで躊躇しましたが、相談の結果、少しずつ切り替えることにしました。 アナフィラキシーショックになることもなく、驚いたことに2週間くらいで便の臭いが減り、量も少なくなりました。 途中、とうふや無添加の味噌、おからなどを加えながら様子を見ました。 とても喜んで食べてくれました。他の犬達(この頃には3匹姉妹になっていた)も市販の餌を嫌がるようになり、りゃんりゃんと同じものを食べるようになりました。 エリザベスカラーをはずした途端に気が狂ったように体を掻いていたりゃんりゃんが、この食事を始めてからは、口の周りの赤みは続いているものの、痒みの弱い日がある様になりました。 脱毛していたところも綺麗に戻って、アトピー性皮膚炎になってからずっと我慢させていたおやつもあげることができました。 ササミジャーキーも大丈夫でした。 その間も何度か相談室に電話し、サプリメントの選び方や多頭飼いの躾の仕方まで指導していただきました。

2002・12月

被毛チェックを受け、副腎・皮膚・痒みに反応があることがわかりました。 症状は快方に向かっているものの、まだエリザベスカラーをはずせないこともあって、相談の結果、ホメオハーブ療法食を試すことになりました。 食べてくれるかどうか、私の心配をよそに、おいしそうに食べてくれました。 療法食を始めて3ヶ月。皮膚病特有の脂漏性の臭いもすっかり取れ、エリザベスカラーもはずすことができました。

2003・4月

福岡で行われたセミナーに参加し、お世話になった相談担当の松崎さんにりゃんりゃんを初めて逢わせることができました。 すっかり元気になったりゃんりゃんを見て、自分の犬のように喜んでくださり、とても感激しました。 質問コーナーで社長の大木さんより、療法食をやめても良いだろうと言われ、その後はアドバイスにそって、アレルリーフ・スキンリーフで様子を見ています。

2003・8月

一時的に痒みが増したように思えましたが、相談室と電話のやり取りをしながら続けていったところ、今では誰が見てもアトピー性皮膚炎があるなんて思えない、元気な子になりました。 いつの間にか涙やけも消えてしまっていました。 「一生、アトピー性皮膚炎に付き合わなければならない。」と覚悟を決めていたのに、ほんの1年半あまりで治ってしまったなんて嘘のようです。 今思えば、りゃんりゃんは添加物や農薬に敏感に反応してしまう子だったと思います。そのせいで命を落としてしまうような大変なことにならなくてすみました。 やはり、病気を持つ者にとって、体質改善ということは重要なことであり、改めて食事(自然食)の大切さも学ぶことができました。 私たち人間より過酷な食環境にいるこの子達を、飼い主の私が気をつけてやらなければならないと思いました。 私の心を癒してくれるこの「何も言わない天使たち」をこれからもできる限り大切にしたいと思います。 その手助けをして頂いたビッグウッドさんには大変感謝しております。本当にありがとうございました。そしてこれからも頑張ってください。 この手記が同じ苦しみを持つ方の参考になれば幸いです。 皆さんの大切な家族が早く元気になりますように。

※あくまでも個人の感想です。効能・効果を謳っているわけではありません。

PAGE TOP