フード選びでお困りですか?
大切な愛犬の身体を作るものだから、食材と調理法にこだわった国産・無添加のフードを...。
ドライフード
長期保存可能、手軽に扱える、総合栄養食が多い、歯磨き効果、歯石や口内炎・口臭の予防
ウェットフード
高タンパク高脂肪、低炭水化物である、低カロリーが多く、肥満対策、味の種類が豊富
国産・無添加フード
愛犬の身体のお悩みをサポートするハーブを使用した、国産・無添加の療法食 
オーダーメイド
愛犬のさまざまな病気をサポートする療法食を心をこめてお作りいたします
単品でお試し
セットでお試し
ビッグウッド オンラインショップ > お客様体験記 > なみだやけ > 健康でいつまでも長生きしてほしいというのが私達家族の一番の願いです。

健康でいつまでも長生きしてほしいというのが私達家族の一番の願いです。なみだやけ

千葉県 | 林さくらちゃん | ヨークシャーテリア メス 1歳

ふらりと立ち寄ったペットショップであまりの可愛らしさに一目ぼれして買ってしまったのが、ヨークシャーテリアの生後2ヶ月になったばかりの女の子 。

桜がきれいに咲いていた頃だったので名前を『さくら』にしました。現在1歳3ヶ月です。 購入したペットショップで「このドッグフードを食べさせていれば大丈夫です」と言われ、その言葉を信じてそのドッグフードを与え続けていました。 でも与えられるままに毎日無心に、文句も言わず食べている小さな姿を見ているうちに次第に胸が痛くなってきました。 罪の意識が湧いてきたのです。

「さくらだってきっとたまには違う味、変わったもの、もっとおいしいものを食べたいと思っているはず。 それに何ヶ月も腐らず、カビも生えないなんて、添加物がきっとたくさん入っているに決まっている。身体によいわけがない」

さくらが我が家に来てから1ヶ月目、獣医さんにこの疑問をぶつけてみました。 「あなたの気持ちはわかりますが、犬の栄養面から考えて作られたのがドッグフードです。完全栄養食なんですよ。 手作り食で犬の栄養を完全にするということなんてとても無理です。それに人間の食べ物だって現在では添加物が入っていないものなんてありませんよ」これが獣医さんの答えでした。

その後7ヵ月はこの獣医さんの言葉に半ば納得し、半ば納得できないままにドッグフードを与えていました。 そんな時、週刊誌で『ドッグフードの添加物の危険性』について報じているのを偶然読んだのです。 私が漠然と感じていた疑問、不安はやっぱり正しかった!この記事を読んでからは『さくらのご飯』について真剣に考えなくてはと思うようになったのです。

本屋さんにはたくさん犬の本が並んでいますがあまり食事に関する本がありません。 何件かの本屋さんめぐりをして、やっと納得のいく本に出会いました。『生食が犬の健康に良い』という本でした。 肉も骨も基本的に豚肉を除いて全て生、穀類とイモ類などの硬いものを除いて、野菜も生で与えるという内容です。 この本を参考にしながら、手作り食を始めました。さくらが生後10ヶ月の頃です。

ドッグフードはこの日を境に止めてしまいました。なんといっても変わったのは、さくらの姿です。 食事時間が近づくと目を輝かせ、しっぽを振りながらキッチンで今か、今かと待つようになったのです。 以前はお腹がすいているから、仕方なく食べているという感じでしたし、けっして食事時でもこれほど嬉しそうな表情をした事などなかったからです。

この食事法に切り替えてから、ひどかった涙ヤケがおさまり、あんなに臭っていた体臭もなくなり毛づやも少しずつ良くなってきて『やっぱり、手作りに勝るものはない!』と確信をもつようになりました。

自信もないままに暗中模索しながらの手作り食でしたが、さくらの変わりようを目のあたりにするようになって、少々自信を持ちはじめた時の事です。 またも偶然、手にした雑誌で今度は『鶏肉の汚染』の事が目に止まりました。生の鶏肉、卵に対する警告の記事でした。 なにせ、さくらは2キロちょっとのとても小さな子です。 骨は軟骨と手羽先しか与えられません。 カルシウム源はどうなる? もう一度、生食の本を読んでみたものの打つ手はどこにも書いてありません!

本を見ながらなんとか手作り食を続けてはいたものの、なにせ素人、『果たして本当に自分のやり方で良いのか?』という不安を抱えながらのご飯作りです。 その上、今度は鶏肉がダメ! 途方にくれました。

そんな時、友人からビッグウッドの事を聞いたのです。早速パンフレットを取り寄せました。 なんと、ありました!ありました!書いてありました!手作り食の事が!私の不安、疑問に関する解答が!

最良の方法は『新鮮で安全な食材を求め家庭で作る食事』であり、『人も、犬もお母さんの作るごはんに勝るものはない』と。 この文字を目にした瞬間に私の不安が吹き飛びました!嬉しい事に、栄養のバランスと食材の正しい使い方が書いてありました。 そうです!私が知りたかったのはこの事だったのです! 私が参考にしている『生食』の本にはハーブやサプリメントを与えるのが良いとは書いてありましたが、何をどの位というところまでは書いてありません。 この事が一番気になっていた事だったのです。 パンフレットには分かりやすく書いてあって実に納得がいきました。 早速取り寄せました。 翌日から『愛犬活力源』『元気な酵素』『ケルプ』『菜』を使い始めました。 1ヶ月ほど前のことです。

手作り食を始めてから涙ヤケや体臭、毛づやなどびっくりするくらいに良くなっていましたが、ビッグウッドの補助食品を加えるようになってから、いっそう体質改善に拍車が掛かったように思います。 前よりも毛がピカピカ光ってきたし、涙もほとんど出てこなくなりました。 わずか1ヶ月間でこれだけの効果があるなんて思ってもいませんでしたので「感激!」の一言です。 本当に嬉しくなりました。

最後の話は『親ばか』と思って聞いて下さい。 さくらはとても美形です。 それなのにドッグフードを与えていた頃は、涙ヤケがひどくて目から顎の下まで太い2本の黒い筋があって可愛い顔が台無しでありました。 「なんとかならないの、これ?」 毎晩、さくらの顔を拭きながら「これがなきゃ、ホントに美人なのに―」彼女に語りかけていたのです。 親にとってはやっぱり女の子は美しく可愛くあって欲しい―誰からも「あ~ら可愛い!」と言われたい ―それなのにただでさえ、小さい顔なのに真中に黒い2本の筋がくっきりと走っていて、まるで顔中に絶え間なく泥の小川が流れているようで、それは無残でありました。

でも食事を変えてから、さくらは本来もっている美しさと愛らしさを取り戻し、断然、美しさに磨きがかかってきたのです。 散歩中に「あ~ら、可愛い!モデル犬みたい!」なんて言われると、私がさくらを産んだわけでもないのに、つい鼻は上を向き、声はひっくりかえり「ありがとうございます。おほほほ…」なんて、なってしまいます。 ヨーキーは被毛が命で『動く宝石』といわれるのだそうです。 生後2年でフルコートになり、美しさがあでやかに花開く、と本に書いてありました。 来年、桜の花が満開になる頃、さくらはちょうど2歳。 このままビッグウッドの補助食品を使っていけば、きっと毛並みも今よりもっと綺麗になって、名前のとおり、さくらはあでやかに『花開く』に違いない! 輝くばかりのフルコートのさくらの美しさにびっくりして街中の人がきっと振り返る! 来年の今頃はあの、テレビに出ているクーちゃんみたいにアイドル犬になっちゃうかも!

なあーんて、こんなところまで、頭の中で一気に飛躍しちゃうんですから、ホントに私って親ばかです。

さくらは我が家の大切な宝石です。 美しさ、愛らしさはもちろん大切、でも健康でいつまでも長生きして欲しいというのが私達家族の一番の願いです。

※あくまでも個人の感想です。効能・効果を謳っているわけではありません。

PAGE TOP