フード選びでお困りですか?
大切な愛犬の身体を作るものだから、食材と調理法にこだわった国産・無添加のフードを...。
ドライフード
長期保存可能、手軽に扱える、総合栄養食が多い、歯磨き効果、歯石や口内炎・口臭の予防
ウェットフード
高タンパク高脂肪、低炭水化物である、低カロリーが多く、肥満対策、味の種類が豊富
国産・無添加フード
愛犬の身体のお悩みをサポートするハーブを使用した、国産・無添加の療法食 
オーダーメイド
愛犬のさまざまな病気をサポートする療法食を心をこめてお作りいたします
単品でお試し
セットでお試し
ビッグウッド オンラインショップ > コンテンツ > 総合栄養食ではない「健康長生き自然食」

総合栄養食ではない「健康長生き自然食」

総合栄養食との違い

ドッグフードの歴史

「総合栄養食」とは、AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)で定められている、犬の栄養学に基づいた食餌内容の推奨成分値にあった、組成基準をクリアしたものであると言うことなのですが…。

困ったことに、この基準に沿って作られているからと言って、原料となる素材やその調理法に何の規制もないのです。

やっとできた規制…だけど?

ペットフード安全法2009年6月に新しく「ペットフード安全法」が施行されました。 無法地帯だったペットフードにようやく規制が♪(かなり遅く感じますが…)

だけど、主原料ではない添加物の表示義務や、酸化防止剤や防腐剤の原材料の表示義務、ならびに警告表示の義務等が定められていません。(ごまかし表示は可能なのです)

それから、原材料に対しての農薬や有害物質の使用有無、ならびに遺伝子組み換え食品の表示義務、ならびに原材料の出所や育った環境や原材料の殺菌に使われた薬品の表示義務はありません。

せっかく法が出来てもあんまり意味がありませんよね?
基準を満たしているだけではなく安全でなければ困ります!!

だって愛する家族の一員である愛犬が一生食べるものですもの。

健康自然食ビッグウッドとの違い

フードに使われているお肉やお魚やお野菜や穀類はどんな素材なのでしょう?
フードの素材の殺菌にどのような薬剤が使われ、どのぐらいの熱がかけられているのでしょう??

総合栄養食 BIGWOODのフード
栄養重視 素材重視
ペットフードが出来た背景に、粗悪な素材も用いられています。
135℃から185℃の熱をかけて高温殺菌をしているので、栄養素は破壊死滅しているため後から栄養素を添加せざるえない。
経済性が先に立っている。
厳選しただわりの素材を、自然のままの栄養素でバランスよく食べる事が健康につながると言う基本理念。
蒸し調理や低温調理で、栄養素を破壊しないため、後から栄養素と言う名の添加物を加えることは一切していない。

総合栄養食の定義が「そのフードと水だけで生きていける」ならば、ビッグウッドは「ビッグウッドフードと水だけで健康に長生きできる」と言う定義なのです。

お母さんたちは私たちに栄養成分を計算して、夕食を作ってくれていましたか?

小さなころを思い出してみてください。
毎日お母さんが夕飯を作ってくれましたよね?
その時、お母さんは毎日カロリー計算や夕飯のビタミンの値、カルシウムの量など計算していたでしょうか?
足りない栄養素は、添加物で補う食事を作っていたでしょうか?
していませんよね?
お肉やお野菜、白いご飯にお味噌汁。
バランス良く食べさせてくれていましたよね?

それを愛犬にあてはめてみてください。

確かな栄養を満たしている総合栄養食でなくても、質のいい素材をバランスよく摂取すれば、愛犬も健康でいられるはずです。
実際に手作り食事で、犬の寿命が延びたという大学の調査結果もあるぐらいです。

確かに、言葉を話せなかったり、自分たち人間と体のつくりが違う愛犬の事、本当にこれでいいのかと悩んでしまいます。

でも私たちと同じ、愛する家族です。 自然に生かされている同じ動物です。
必要な栄養素を天然の素材からとりたくはありませんか?

食物連鎖の中で保たれる栄養バランス

食物連鎖たとえ栄養素を添加しなくても、必要な栄養と栄養バランスは保たれます。

私たち人間にも犬たちにも、必要な五大栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル)。
自然界のどんな食物や生命体にもこの順番で必ず含まれています。

その根拠は、生きとし生きる全ての生物は、自然界の食物連鎖「生命の操業」によって生かされているという紛れもない事実です。

どんな植物にも、小さなおさかなや、虫たちにも五大栄養素は同じ配列で含まれています。

だからこの地球上のすべての生物は、自然な食物連鎖で生きていけるのです。
犬も人間も、大きな動物や、小さな生き物や、植物を食べて健康に生きていけるようになっているのです。

添加物例えば、人間の栄養学ではじき出された、人間に必要な栄養素の種類と摂取量を、後付けの添加物として満たしたビスケットがあるとしましょう。
私たちは、毎日このビスケットだけを食べて生きていこうと思えるでしょうか?
もちろん生化学的な根拠のもと、はじき出された栄養素の量が間違いではないと思います。

そして、総合栄養食というペットフードが便利なものには違いありません。

オーガニックしかし、ペットフードがインスタント食品になってはいけないと考えています!
命の源である「自然な栄養バランス」や「天然の酵素」は、原料の殺菌過程やフードの調理過程で壊れてしてしまうのです。

私たち人間は、お刺身などの生食やチーズや味噌やしょうゆや納豆などの発酵食品で酵素を入れることはできますが、ワンちゃんはどうでしょう?

ビッグウッドこだわりの調理法

ビッグウッドのウエットフードは、栄養を封じ込める独自技術の、密封蒸し調理法にこだわっています。

調理法による差食品は、「茹でる」「煮る」「焼く」「炒める」「揚げる」などの調理法では、ビタミンは70℃で壊れ始め100℃で死滅してしまいます。

そこでビッグウッドの健康自然食ウエットフードの調理法は、密封蒸し調理法を採用しています。

密封蒸し調理法の特徴は、食材の酸化が抑制され、アクや生臭みの成分は取れ、美味しさや香りや旨み成分が凝縮します。
そして最大の特徴は、栄養成分の流出がなく、消化吸収の優れた料理や食品になるのが特徴です。

簡単な「茹でる」「煮る」の調理法では、素材の細胞が壊れて細胞中の栄養成分が水の中に溶け出してしまいますが、「密封して蒸す」ビッグウッドの健康自然食調理法は素材の栄養成分の流出がないのです。

特にビタミンCなどの水溶性の栄養素では歴然の差がでます。
例えば小松菜を蒸した場合のビタミンCは茹でたときの約1.5倍も残っています。 ミネラルの残存率が高い点も見逃せません!

「密封して蒸す」調理法は、素材が密封されているので、栄養素や旨みの損失が少なくてすみ、素材の栄養素やバランスを壊さない健康調理法なのです!

ビッグウッドの健康自然食ドライフードは、栄養を壊さない独自技術の、無水低温調理法にこだわっています。

ビッグウッドの健康自然食ドライフードの調理法は、原料から成形に至るまでのすべての調理過程において、水を一切使わず60度以下の低温調理法を行うことにより、栄養素や旨みの損失が少なくてすみ、素材の栄養素やバランスを壊さない健康調理法でお作りしています!

ビッグウッドは生きた酵素にこだわっています!

酵素は生命の源であり、とても大切な栄養素

酵素は、40℃で壊れ始め70℃で死滅してしまいます。
だから、ビッグウッドのフードには、熱に強い粉末ビール酵母・DNA酵素・耐熱性芽胞である枯草菌の一種である納豆菌やバチルス菌を配合しているのです。
その特徴は・・・

粉末ビール酵母
不活性乾燥酵母なのでいくら加熱しても壊れないのが特徴です。

DNA酵素
加熱処理をしても壊れず、むしろの活性化が見られるのが特徴です。

納豆菌やバチルス菌
125℃、30分以内の加熱なら栄養細胞が壊されないのが特徴です。

ビッグウッドのフードに、試しに135℃の熱を加えてみると、なんと、うすい緑色から茶色に変色して、自然な栄養素や色合いは無くなってしまいます。

さぁ飼い主さん、あなたはどちら派ですか?

「総合栄養食」とうたわれている、犬の栄養学ではじき出された、必要栄養素の種類と量がたとえ添加物でもしっかり満たされているフードが安心?

それとも・・・

「自然健康食」であるビッグウッドフードのように、自然の食物連鎖の恩恵にあずかり、上質な素材とその素材に含まれる自然の栄養バランスの健康自然食を与えますか?

PAGE TOP