フード選びでお困りですか?
大切な愛犬の身体を作るものだから、食材と調理法にこだわった国産・無添加のフードを...。
ドライフード
長期保存可能、手軽に扱える、総合栄養食が多い、歯磨き効果、歯石や口内炎・口臭の予防
ウェットフード
高タンパク高脂肪、低炭水化物である、低カロリーが多く、肥満対策、味の種類が豊富
国産・無添加フード
愛犬の身体のお悩みをサポートするハーブを使用した、国産・無添加の療法食 
オーダーメイド
愛犬のさまざまな病気をサポートする療法食を心をこめてお作りいたします
単品でお試し
セットでお試し
ビッグウッド オンラインショップ > コンテンツ > どうしてフードの切り換え方が必要なの?

どうしてフードの切り換え方が必要なの?

フードの切り替え方

腸内環境が自然健康食にマッチするには時間がかかります!!

食物によって腸は変化します。動物の腸内環境は、これまで食べていた食物の内容に合った腸内環境に整えられています。
人でもそうですが、環境や食が変わると稀に消化不良を起こしたり、消化不良までいかずとも、調子を壊したり軟便になったりしますよねっ!

愛犬たちの腸は、人間の1/3しかないと言われています。それだけ人間より食物の変化にはデリケートな生き物なのです。

市販のフードは、ほとんどすべてといってもいいぐらい高温調理がされています。
高温処理(125℃以上)される段階で、食物組織は分解されていますので消化は高まります。
しかし、ビッグウッドフードは低温調理(60℃以下)でお作りしておりますので、調理の段階で食物組織は分解されず市販のフードから比べると消化は困難になります。

自然食を消化しやすい環境を市販のフードは、合成栄養素や化学栄養素や天然由来の栄養成分が後付けで添加されていますので、栄養成分の善し悪しは別として非常に吸収しやすい形で含まれています。
しかし、ビッグウッドフードは後付けの栄養素を添加しているフードではないので、栄養素の全てをまずはパートナーが分解するところから始まります。
素材から栄養を吸収しなければならないので、市販のフードと比べると、パートナーの腸内ではこれまでの習慣とは異なり、分解吸収作業を増やさなければならないので腸内環境を整える時間が必要となります。

本来の正しい「食」とは?

人も犬も、本来は添加された栄養素やサプリメントに頼る食生活ではなかったと思います。
自然の食物を食べ、その食物を腸内でしっかり分解吸収し、その時々に必要な栄養素を体内の化学反応で作り出しながら、またその時々に必要な箇所に栄養を届けていました。
ビッグウッドは現代社会の利便性が産み出したインスタント食品に近い市販のフードに比べ、例え消化が劣るとも自然な営みに合わせたナチュラルで自然な健康食が本来の正しい食であるという理念でお作りしております。

身体の洗浄に時間がかかります。ビッグウッドの自然健康食は、「医食同源」がコンセプトです。
「医食同源」とは、身体の洗浄を必要とするパートナー、つまりパートナーの体内に溜まった毒素や化学物質や金属物質や環境ホルモンなどを、身体の外に排出しなければなりません。
一時的に軟便になったり下痢をしたりする好転反応が起こる場合もあります。
ですので、ビッグウッドフードへの切り替えは腸内環境が入れ換わるのに2ヶ月はかかると言われておりますので、その期間をかけながら切り替えてあげて欲しいと思います。
これまでのフードに1割程度を混ぜるところから始め、徐々に量を増やしていきながら2か月を目安に切り替えていただくといいでしょう。

どの子も下痢や軟便になるの?下痢や軟便になったらどうすればいいの?

どの子も下痢になる…
そんなことはありません。もともと腸内環境が優れているパートナーや、洗浄を必要としないパートナーなどは、何も問題なく切り替えていただくことができます。
最初からいきなり食事を変えても、下痢や軟便にならないパートナーもいます。下痢や軟便になってしまうパートナーの割合は2~3割程度です。

それでももし、愛犬が下痢や軟便になってしまった場合はフードを前のフードに戻していただいたり、 健康黒おじやフローズンフード(生食)との併用で進めていただいたり、 消化酵素エンザイムを使用いただくことですぐに解決します。
できれば腸内環境のプロバイオテクスを手助けする、プレバイオテクスである愛犬活力源を 最初から併用していただくことをお勧めします。

PAGE TOP